iOSアプリをiTune App Storeに申請して公開させるためにはiOS Developer Programに登録する必要があります。
iOS Developer Programに登録する事によりiOSアプリ開発者としてApple社に登録され、WWDCなどの開発者イベントの告知、アプリを申請させるためのプラットフォームであるiTune Connectにログインできるようになります。

iOS Developer Programの登録料

iOS Developer Programの登録料は年間約100ドル前後です。2016年10月現在は年間11,600円かかります。

Apple IDの登録

Safariにて下記URLアクセスしてiOS Dev Centerの登録画面にアクセスします。
iOS Dev Centerのトップページにアクセスしたら「登録」ボタンをクリックします。

https://developer.apple.com/programs/jp/

次の画面にて「登録を開始する」ボタンをクリックします。

次にログイン画面が表示されます。AppleIDを持っている場合は、そのメールアドレスとパスワードを入力します。
もし、iOS Developer Program用にAppleIDを作りたい場合は「Create Apple ID」より新規作成してください。

AppleIDの2ファクタ認証を実施している場合にはiOS端末に6桁のコードが通知されますので、それを下記の画面に入力して「Continue」ボタンをクリックします。(表示されない場合は次に進んでもらってOKです。)

Developer Programのライセンス同意の画面です。By checking this box I confirm...のチェックボックスをチェックして「Continue」ボタンをクリックします。

下図のとおり確認画面が表示されますので、各登録内容として問題ない事を確認してもらい、「Continue」ボタンをクリックしてください。

iOS Developer Programの登録料の支払い

登録料の支払いの画面が表示されます。「Purchase」ボタンをクリックします。

Apple IDへのログインを求められますので、iOS Developer Programを登録したいApple IDでログインします。

お支払い画面になりますので、請求先情報、請求書住所、クレジットカード情報を入力して「続ける」ボタンをクリックします。

お支払いの確認画面が表示されますので確認してもらい、「ご注文の確定」をクリックします。

お支払い完了のサンクス画面が表示されます。

しらばくすると、登録したApple IDのメールアドレスに対してApple Developer Supportよりメールが届きます。
経験上、このメールが届くまで最大24時間ほどかかりますので気長に待ちましょう。
メール本文に記載のリンク「Singn in to your account」にクリックするとDevelper Programの管理画面にアクセスできます。

これでiOS Developer Programへの登録は完了です。

Member Centerにログイン

iOS Developer Programに登録完了したら、Member Centerにログインできます。
Member Centerでは下記のコンテンツを利用できます。

  • ユーザ登録内容の確認・編集
  • Developerチームの編集(法人契約のみ)
  • Certificate、AppID、ProvisioningProfileの編集
  • 各種iOS関連のドキュメント閲覧
  • Xcodeなどの開発ツールのダウンロード
  • 開発者フォーラムの利用

ログインは下記のURLよりログインできます。

https://developer.apple.com/account/

iTunes Connectへのログイン

iOS Developer Programへ登録するとiTunes Connectにもログインできるようになります。
iTunes Connectでは下記の内容が利用できるようになります。

  • iOSアプリのApple Storeへの公開(申請)
  • Appアナリティクス(アプリのダウンロードやクラッシュ統計の閲覧)
  • iOSアプリの売り上げレポート
  • iOSアプリのテストユーザの作成
  • iOSアプリ収益の契約や口座情報の登録
  • 各種ドキュメントやヘルプ

iTunes Connectへのログインは下記URLよりログインすればアクセスできます。

itunesconnect.apple.com

これでiOSアプリを開発してApp Storeへ申請・公開する準備が整いました。