iOSアプリで文字の色を変更する方法を紹介します。
文字色の変更方法としては大きく2つありますので、それぞれ紹介いたします。

  • IB(Interface Builder)を使った文字色の変更
  • プログラムコードで文字色を変更

IBを使った文字色の変更

XcodeでMain.storyboardを開いてColorを変更する事で文字色を変更できます。

Colorの文字の部分(Default)の部分をクリックすると最近使用した色や定番の色を指定できます。

Colorの色の部分をクリックするとカラーパレットが表示されます。お好みの色を選択できます。

プログラムコードでの文字色の変更

UILabelのインスタンスを生成して、textColorというプロパティを変更する事により変更できます。
色はUIColorを使って色を指定できます。

import UIKit
import AVFoundation
class ViewController: UIViewController {
override func viewDidLoad() {
super.viewDidLoad()
// ラベルの配置
let label = UILabel()
label.frame = CGRect(x: 0, y: 0, width: 300, height: 20)
label.center = self.view.center
label.text = " I have a pen."
// 文字色を赤色に変更
label.textColor = UIColor.red
self.view.addSubview(label)
}
override func didReceiveMemoryWarning() {
super.didReceiveMemoryWarning()
}
}

UIColorの色指定について

色のパターンについて

UIColorプロパティ 説明
black
blue
brown
clear 透明
cyan シアン
darkGray 濃い灰
gray
green
lightGray 薄い灰
magenta マゼンダ
orange オレンジ
purple パープル
red
white
yellow 黄色

例)

// 文字色をダークグレイに変更
label.textColor = UIColor.darkGray

色の詳細指定について

UIColorは赤色、緑色、青色の割合を指定して生成する事もできます。

// 文字色を赤色、緑色、青色の割合で指定(それぞれ0〜1の間で指定)
label.textColor = UIColor(red: 1, green: 1, blue: 1, alpha: 1) // すべて1だと白色
label.textColor = UIColor(red: 0, green: 0, blue: 0, alpha: 1) // これは黒色
label.textColor = UIColor(red: 1, green: 0, blue: 0, alpha: 1) // これは赤色
label.textColor = UIColor(red: 0, green: 1, blue: 0, alpha: 1) // これは青色