iOSでテキストを1行表示させるにはUILabelを使います。

UILabelの使い方

iOSのXcodeプロジェクトを作成します。作成方法はこちらを参照ください。

新規プロジェクトの作成

Storyboardを使ったUILabelの利用

Main.storyboardを開いて、オブジェクトライブラリを選択してLabelを選択しViewControllerにドラッグします。

UILabelの設定項目

設定項目 説明
Text Plainでプレーンなテキスト、Attributedで装飾可能なテキストで編集できるようになります。
Color 文字の色を指定
Font 書体を指定
Alignment 行揃えを指定(左揃え、中央揃え、右揃え、均等揃え)
Lines ラベルを何行で表示させるかを指定
Behavior Enabled・・・ラベル自体が有効か無効かを指定 無効にすると文字が灰色になる
Highlighted・・・ラベルをハイライト状態にするかどうかを指定
BaseLine ベースラインの指定
Line Break 文字がはみ出た場合にどのように処理するかを指定
Autoshrink 文字数が多い場合に文字サイズを小さくして調整するかの設定
Highlighted ハイライト時の文字色を指定
Shadow 文字に影をつける

UILabelの関連付け

IBOutletでStoryboardとswiftファイルを関連付けます。

プログラムで利用する方法

UILabelのインスタンスを生成してframeを設定して、すでにあるView要素(今回はself.view)にaddSubViewというメソッドで配置します。

import UIKit
import AVFoundation
class ViewController: UIViewController {
override func viewDidLoad() {
super.viewDidLoad()
//-------------------------------
// ラベルの配置
//-------------------------------
// インスタンス生成
let label = UILabel()
// frame設定(xy座標は0.0左上、サイズは横幅300pt、縦幅20px)
label.frame = CGRect(x: 0, y: 0, width: 300, height: 20)
// ラベルを画面の中央に移動
label.center = self.view.center
// ラベルの文字列を設定
label.text = " I have a pen."
// ベースのViewに配置
self.view.addSubview(label)
}
override func didReceiveMemoryWarning() {
super.didReceiveMemoryWarning()
}
}