iOSアプリでは画面の傾きに応じて画面を切り替える事が可能です。
それぞれ画面の向きについては下表の名称がついています。

名称 説明
Portrait 縦向き
Upside Down 縦向き(天地逆)
Landscape Left 横向き(ホームボタンが左側)
Landscape Right 横向き(ホームボタンが右側)

上記の傾きを端末が検知した時に画面を再描画するかどうかをプロジェクトエディタのGeneral -> Deplayment infoの中のDevice Orientationで設定できます。

現状、公開されているアプリの大半はPortraitのみにしています。
様々な傾きで画面の再描画をするとそれに合わせてプログラミングで調整する事が増えるためでしょう。
最初はProtraitのみにして必要に合わせてたの傾きにも対応するようにすると良いでしょう。