最新のAlminiumではRedmine2.0以上のバージョンなのでひとつのプロジェクトに対して複数のバージョン管理(GitやSubversionなど)のリポジトリを作成できますが、普通に作成しようとするとエラーがでたり、ローカルからリモートリポジトリにアクセスできない場合がありますのでその対処法を紹介します。

追加するリポジトリのパスに気をつける

リポジトリを複数作成するときのリポジトリのパス名は必ず下記のように「{プロジェクト名}.{識別子}」というルールで作成してください。

 

そうしないと、プロジェクトに参加しているユーザが追加したリポジトリにアクセスできません。私はこれで結構ハマりました。

 

リポジトリ作成時に「Adding local repositories was denied by the administrator」が出る場合

Alminiumの初期設定のままではひとつのプロジェクトに対して複数のリポジトリを作成するための設定がされていないので設定変更(SCM Creator Pluginの設定変更)する必要があります。

ターミナルなどでサーバにssh接続して下記を実行しscm.ymlの設定を変更します。

vi /opt/alminium/config/scm.yml

修正画面になったら下記のとおり1行追加します。

production:
auto_create: true
deny_delete: true
allow_add_local: true:
post_create: /opt/alminium/bin/alm-scm-post-create
svn:
path: /var/opt/alminium/svn
svnadmin: /usr/bin/svnadmin
url: ", http(s)://ホスト名/svn"
git:
path: /var/opt/alminium/git
git: /usr/bin/git
options: --bare 
url: ", http(s)://ホスト名/git"
mercurial:
path: /var/opt/alminium/hg
hg: /usr/bin/hg
url: ", http(s)://ホスト名/hg"

 

これでリモートリポジトリにアクセスできるようになると思います。